スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万斛黄金碾作灰

前天听说了一些故事,当时心里着实有些过不去。
李笠翁论桂,“花乃月中之花,香亦天上之香也”,惜乎韶华盛极,花事遽了。“不留余地”,笠翁口气,未尝没有怜惜,更多还是物外的不以为然,但在我是切实地戳心戳肺了。桂之“不留余地”,盛极遽衰尚由天性,步步小心,委曲求全之人,荣辱浮沉,夫复何凭?
笠翁又有《惜桂》七绝,我拿来改动几个字:

万斛黄金碾作灰,
西风一阵总吹来。
缘何三日都散尽,
不教留将次第开。

涂了一张。起稿左边太空,就给裁了。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。